2018年2月3日土曜日

裏山(小塩山)登ってきました

 写真は2018年2月3日の小塩山山頂の淳和天皇陵

今日は天気も良く比較的暖かだったので久しぶりに裏山(小塩山)に登ってきました。

ここ1-2週間ほど関東地方や日本海側から大雪のニュースがよく届けられてきています。

京都では1月25日に1cmの積雪があっただけでさして問題はなかったのですが、それでも朝の通勤時には夏タイヤで走る輩が律速段階となり職場につくまでにいつもの1.5倍時間がかかりました。

10cmも積もれば夏タイヤはいなくなるのでかえって早くつくのですが、5cmくらいまでの積雪は「ダメもとで・・」と出かける夏タイヤの方が多く困ってしまいます。

その後も寒い日が続いたものの本格的な雪にはならず、自宅周辺の路面は乾いたままです。裏山(京都西山)も自宅から眺めると頂上近くにかろうじて溶け残った雪が見える程度で大雪とは無縁の世界と思っていました。

今朝も歩き始めは当然雪もなく乾いた道を歩きます。北春日町からの山道で標高350mを過ぎるあたりから日陰に溶け残った雪が少しみられるようになり、500mを過ぎるとそこそこの雪がみられるようようになりました。
 小塩山の標高620m付近(2018年2月3日)

標高600m以上は日当たりのいい場所では雪は消えているもののそれ以外の場所ではそれなりの積雪があります。

4月にはカタクリの花が咲き誇るNの谷や炭の谷もまだ雪の中でした。

 Nの谷
炭の谷

2018年1月21日日曜日

N-ONE 風切り音

 写真はN-ONEボンネット内の左フロント付近のアップ
風切り音対策でエプトシーラーをフロントグリルとヘッドライトの間に詰めたところ

ご無沙汰しています。
昨年武奈ヶ岳の記事から更新を滞っておりました。武奈ヶ岳のあとに伊吹山へ登ったりもしたのですがあまりいい写真が取れなくて記事にはしませんでした(いつも大した写真なんかないだろ!)。

久しぶりにアップする今回の記事は「N-ONE 風切り音」です。

以前乗っていたホンダライフの車検の際にN-WGNターボ(N-ONEだったかもしれない)が代車としてやってきたことがありました。ダウンサイジングコンセプトのターボエンジンに乗ってみてびっくり。まるで1.2Lクラスの車に乗っているかのような動力性能で、車体の剛性も高く乗り心地は軽自動車の域を超えています。今後車を購入するならNシリーズのターボと心に決めました。

昨年アマチュア無線に見切りをつけ閉局し、トランシーバー、アンテナ、リニアアンプ、周辺機器など売り払ったたところそれなりの軍資金が出来たため、ホンダの担当の方に連絡し中古のN-ONEターボを探してもらうことにしました。電話してその場でN-ONEターボ(初期型;ツアラーLパッケージ)があるとのこと、その日のうちに店舗へ行き、その日にハンコを押したのでありました。

数日して納車、購入直後は動力性能にはすこぶる満足。


・・・ところが購入数日して雨の高速道路を走った際に非常に不快な現象が発生して印象が一変したのでありました。

その不快な点とは・・・

①80km/hを超えるとフロントからヒューあるいはピューという風切り音が聞こえてくる
②ワイパーの作動音がキューキューが大きくて不快

N-ONEツアラー(ターボ)は100km/h走行時のエンジン回転数が2800回転程度であり、軽自動車としてはエンジン音は静かで快適なのですが、前述の①の風切り音がうるさくて気になる事この上なし!

②のワイパーは雨さえ降らなければ気にならいのですが(対策部品があって申告すれば対応してもらえるとか)、ヒューヒュー、ピューピューの風切り音は高速走行を主にするターボモデルではどうしようもなく不快、残念です。

その後の検証で60km/hでの走行でも向かい風の強い時にはフロントからの風切り音(ヒューヒュー、ピューピュー)が聞こえてくることがわかりました。

ネットで調べてみるとミンカラで蒼い桜さんがこの事例について報告されており何人かのN-ONEユーザーもその症状についてコメントされていました。

風切り音の発生源はフロントグリルとヘッドライトのすき間とのこと。この部位の空気の流れを止めれば風切り音(ヒュー、ピュー)は消失します。一部個体での発生であり、また安全性に支障をきたすことがないためかメーカーも把握していないとのこと。

ただ末端のディーラーレベルでは訴えのあった個体について個別に対応されているところもあるようで、前述の方法で風切り音対策をしておられるようです。

N-ONE右フロントの風切り音(ヒュー、ピュー)対策後



N-ONE購入後ディーラーの担当者とのやり取りはなかったのですが、先週(2018/1/18-19)車検の際に風切り音、ワイパーの駆動音について担当者に話してみました。
 
風切り音についは自分で対策済みなので、もしメーカー側で対策パーツが出ているようなら入れてほしいと。またワイパーの駆動音について対策部品を入れてほしいとお願いしました。
 
結果
 
①風切り音
メーカーとして風切り音は把握していないとのこと。今回ディーラーで高圧の空気をフロントにあててみて風切り音の有無をチェックしていただいたようで問題となる音は確認出来なかったようでした(当然でしょう、高速道路を十数回走って確認したのですから・・・)。したがってメーカーとしてして対策はないと。
風切り音とは直接は関係がないのですがインタークーラーのインテークが風圧で持ち上がり固定のビスが飛んでしまうことがあるようで、我が家のN-ONEも購入時すでに固定ビスがなかったのですが対策部品を入れてもらえました。

インタークーラーダクトの固定ビス
 
②ワイパーの駆動音
前オーナーでは対策部品が入っていなかったようで、今回の車検の際に交換していただきました。駆動部の鉄製のパーツからアルミ製のパーツに変えていただいたとのことです。
みなさんがおっしゃるようにパーツ交換によりワイパーの駆動音はかなり静かになりました。
 
ネット上では2013-2014年の個体について風切り音の報告があるようで、この時期のN-ONEのヒュー、ピューでお悩みの方がいらっしゃれば(ディーラーで対応してもらえない方)数百円で改善できるかもしれません。

2017年10月15日日曜日

武奈ヶ岳登山(2017年10月8日:追憶の比良スキー場)

 
 2017年10月8日(日)に比良山系の武奈ヶ岳に登ってきました。

前日の雨が一転し、朝から晴れの天候のなか自宅を7時過ぎに出発しました。京都南ICから京都東ICまで名神高速を利用し、山科から湖西道路に入り比良ランプでおりました。
湖西道路の一部では霧で覆われたもののイン谷口まで来ると山腹に霧がかかるものの青空ものぞけます。

身支度を整え8時20分に歩き始めました。
 大山口

大山口までは林道(作業道)を歩いていきます。大山口の分岐はそのまま直進し正面谷の川沿いの登山道を進みます。
小さな滝を渡る
 青ガレ

正面谷の川に沿って登っていくと小さな滝につきあたります。滝を渡ってその横の青ガレに取り付きます。青ガレは左端を登りその後も金糞峠にむけ谷を登っていきます。
 金糞峠
 
金糞峠からキヨトウゲ谷へ進み、中峠へは登らず小川を渡って(滑りそうな丸木橋がある)直接コヤマノ岳へと向かいます。キヨトウゲ谷からコヤマノ岳への支尾根に登って行くと奇妙な形をした芦生杉が出向かてくれます。

 芦生杉
 
支尾根をどんどんと登っていくとやがて芦生杉がブナ林へと変わっていき、登りもひと段落するとコヤマノ岳に到着です。
 コヤマノ分岐から武奈ヶ岳を望む

コヤマノ岳からコヤマノ分岐まで少し下り武奈ヶ岳へ向け最後の登りです。掘れた登山道を登って行き視界が開けると頂上まであと少し(今日のブログトップの写真)。
 武奈ヶ岳山頂(蛇谷ヶ峰方面を望む)

10時55分に武奈ヶ岳の山頂に到着しました。山頂でお昼休憩をとりました。

周りにはたくさんの登山者がいたのですが、少なからずの人がカップ麺を食べておられたのが印象的でした。

山頂からコヤマノ分岐、コヤマノ岳を経て比良スキー場跡(パノラマコース)を八雲ヶ原へ下ります。八雲ヶ原から北比良峠へ向けさらにスキー場跡(八雲ゲレンデ)を登ります。


比良山スキー場は1961年?に開業され2004年まで営業されていました。

私が初めて比良山スキー場へ行ったのは確か1971年だったかなぁ
山麓から登行のシングルリフトで釈迦岳の中腹まで登り、そこからロープウエイに乗り換えて北比良峠まで行きます。

ロープウェイの山頂(北比良峠)から八雲ヶ原へ少し下ったところに比良ロッジがありそこでカレーを食べた思い出があります。

さらに下っていくと八雲ゲレンデの上部に出ます。ここでスキーをはいて滑り出します。当時は八雲ゲレンデのシングルリフト1本のみ。八雲ヶ原には山小屋風の八雲ヒュッテがありました。

当時は一日に10本もリフトに乗れれば十分満足。11回分の回数券で丸一日滑るのが普通でした。

その後コヤマノ岳へのリフトが設置されたもののスキーブームの終焉、暖冬化などで2004年に閉鎖されることになったようでした。

 八雲ゲレンデから八雲ヶ原、コヤマノ岳

話は戻って山歩きの続きです。当初は北比良峠から釈迦岳、大津ワンゲル道で下山予定にしていたのですが、昨日の雨の影響ぬかるんでいたためダケ道を下ることにしました。
 北比良峠からコヤマノ岳と右奥に武奈ヶ岳

ダケ道は多少ゴロゴロしているものの歩きやすい道でした。その昔スキー場が営業されていた当初は登行リフト、ゴンドラを使わずこの道を歩いてスキー場にアプローチした人もあったとか。
カモシカ台
 
カモシカ台、大山口と通り駐車場に着いたのは13時20分でした。次に来るときは大津ワンゲル道を歩いてみたいです。

GPSデータ
時間: 5時間7分
沿面距離: 11.15km
累積標高差:1087m

 

2017年10月14日土曜日

北米中波受信Log(2017年10月9日)

先週から北米中波の記録をはじめました。

およそ半年ぶりにPERSEUSで中波帯トローリングをしてみました。

夕方からPRSでセットしたもののうまく作動してくれず、結局以前使っていたFC Record Timerを取り出してきて23時のみ記録できました。

解析作業はまだ感がもどってないのでぼちぼちと行っていきます。

2017年10月9日(月、祝)の受信ログ
23:00
 1540 Un-ID KO 22332
 1600 KVRI(Blaine, WA) EN 22332 ID
 1650 KFOX(Torrance,CA) KO 24332 ID
 1680 KGED(Fresno, CA) EN 25332 ID
 1690 KFSG(Roseville,CA) EN 34232 ID
 PERSEUS + ALA1530LNP

2017年9月10日日曜日

赤岳-横岳-硫黄岳日帰り縦走

写真は2017年9月9日の赤岳山頂のワンショット

しばらくご無沙汰しておりました。今年6月以降身辺整理のため無線機器を売り払うのが忙しくブログの更新を滞っておりました。最近ひと段落し昨日久しぶりに山登りに行ってきました。

2017年9月8日(金)に半日有給休暇をとり、家内とともに13時半頃自宅を出発。京都縦貫道、京滋バイパス、名神、中央道と走り諏訪南ICで降りて18時過ぎ美濃戸口に到着しました。

八ヶ岳山荘の向かいにある宿泊のできるレストランで前泊しました。夕食、入浴をすまして22時ころに入眠しました。

 yatsugatake J&N この写真の中にワンちゃんもいます。
 
9月9日(土)は午前4時に起床。朝食をとり身支度をして4時45分頃yatsugatake J&Nを出発、美濃戸の赤岳山荘駐車場には5時ころ到着。5時15分に登山を開始しました。

 美濃戸(赤岳山荘)駐車場に駐車している我が家のN-ONE。
 
5時15分はまだ夜明け前ですがあたりはほんのりと明るくヘッドライトは使用せず歩き始めました。南沢の沢沿いの登山道に入ると薄暗いですが時間とともに明るくなっていきました。

 行者小屋

行者小屋には7時20分に到着。水分をしっかりととり約5分の休憩後そうそうに出発しました。

文三郎尾根から赤岳を目指します。文三郎尾根名物の階段をひたすら登って行き8時18分に阿弥陀岳からの稜線上にでました。ここで小休止。風があり肌寒いためウインドブレーカーを着て歩き出しました。
 赤岳山頂直下の鎖場

山頂直下の鎖場も大した渋滞もなく登っていき、8時50分に赤岳山頂に到着しました。山頂から東方向は雲が多く期待していた富士山を拝むことはできなかったものの西方向は雲も少なく青空が広がっていました。
 赤岳の山頂標識
 赤岳山頂から横岳、硫黄岳を望む

山頂、赤岳頂上小屋で軽く休憩し9時に展望荘へ下りはじめました。赤岳展望荘でさらにトイレ休憩(9時22分-9時32分)し横岳にむけ出発。
 地蔵の頭のお地蔵さん(くまもんのスカーフです)
 赤岳(二十三夜峰あたりから)
 
手足を使い鎖場、ハシゴを登ったり下ったりし横岳、奥ノ院を10時20分ごろに通過しました。多少高度感はあるものの足場もしっかりしており、楽しく歩けます。
 奥ノ院
 
奥ノ院の鎖場、ハシゴを降りたところで昼食休憩(10時40分-10時56分)としました。休憩後ここからは気持ちのいい稜線を下っていきます。
 
硫黄岳山荘を11時16分に通過し、居並ぶケルンを横目にみながら重い足を引きずり硫黄岳への登り返し。結構つらいです。硫黄岳には11時40分に着きました。
 
爆裂火口は迫力満点。
 硫黄岳の爆裂火口
 硫黄岳から阿弥陀岳、赤岳、横岳の眺め

硫黄岳では休憩せずそのまま赤岩の頭へ向け下山開始。赤岩の頭から振り返る硫黄岳はこの縦走路で最もお気に入りのスポットです。
 赤岩の頭から硫黄岳

赤岩の頭から下りだすとすぐに樹林帯に入ります。登山道の傍らには草花に混じってディズニーのアニメに出てきそうなキノコが生えています。
 テングタケ?

さらに下っていくと赤岳鉱泉に到着しました(12時50分)。ここでもトイレ休憩し13時5分に出発。
赤岳鉱泉から横岳を望む

赤岳鉱泉からは北沢の沢沿いに歩き、えん堤広場を13時50分に通過し14時20分に美濃戸(赤岳山荘)駐車場にたどり着きました。

ここから約5時間かけ京都の自宅へ帰りました。

天候に恵まれとても楽しい1日でした。富士山を見れなかったのが多少心残りでしたが、諏訪湖や北八ヶ岳の山々の眺めもとてもきれいでここしばらくのうっぷんが一挙に晴れた思いでした。



GPSデータ
沿面距離   17.081km
累積標高差  1615m
時間      9時間5分

2017年5月5日金曜日

金胎寺行場

金胎寺の行場
今日(2017年5月5日)京都府の南部、鷲峰山(じゅうぶさん)にある金胎寺の行場に行ってきました。

自宅を9:30に出発、京都縦貫道、京滋バイパス、第二京阪、先日開通(2017年4月30日)した新名神、京奈和道と通って田辺西ICでおり、国道307号、府道62号と走り10:35に金胎寺入口に到着しました。

身支度をして10:45ごろ出発。金胎寺の寺務所までゆっくりと歩き、寺務所で300円を奉納し、10:55ころ行場へと向かいました。
 
寺務所から迎え行者までは尾根筋を歩きます。傾斜もゆるく道幅もしっかりとした山道です。このあたりは全くの余裕。
寺務所から行場への山道
 
迎へ行者からやや傾斜が急になり行者の辻へと向かいます。それでもまだ余裕のハイキングコース。

迎へ行者
 
迎へ行者からさらに尾根筋を行くと行者の辻に着きました。現在11:08分。ここで道が2つに分かれます。行場は一方通行となっており一方は東覗方面へ下る道、もう一方は蟻の戸渡りから登ってくる道。
行場の辻

行場の辻からが本格的な行場の始まりです。斜度がさらに急になった山道をフォールラインに沿って下っていくと東覗の看板が現れます。ここからは右方向へトラバース。西覗で今度は左へトラバースとなります。
東覗(今回は余裕がなく覗けなかった)

西覗を過ぎ鎖、ロープ場を下ってしばらく行くと胎内潜の看板が現れます。しばし登ります。
胎内潜への登り
胎内潜を潜りおえた奥様

胎内潜を過ぎると手水の滝、五光の滝が迎えてくれます。これらの滝を通過するところがこのルートの最低標高点。
手水の滝
五光の滝
 
護摩壇からはひたすら岩登りです。常緑広葉樹が葉っぱを落とす時期で落ち葉が多く結構滑ります。要注意。
護摩壇
 
護摩壇からしばらく登ると一枚岩の鐘掛が現れます。垂直に近い登りで鎖があり迂回路もありますがそのまま登ります。
鐘掛
小鐘掛
 
鐘掛からさらに登ると小鐘掛の看板がありますがこのあたりが一番高度感もあり緊張感も高ったです。
平等岩

かつては平等岩も直登用のクサリがあったようですが今では撤去されていて迂回路を登ります。
最後の登り

最後の登りを上がって行場の辻に戻ったのが12:20でした。ここで年配のカップルが休憩しておられました。ここまで2時間以上かかったとか。
無料休憩所
 
寺務所へ戻り無料休憩所へ入ります。カップラーメンが200円で売られていましたが、今回は買わず「日本茶800年の歴史散歩」というパンフレットを頂戴して金胎寺を後にしました。
 
行場を楽しみに出かけたのですが、当初は侮っていたのですが実際に歩き出すとかなり手ごわかったです。高度感はさほどないものの岩登りの難易度はそこそこで西穂高岳よりむつかしく感じました。
 
岩場では落ち葉や土などがあり滑りやすく、日本アルプスの岩場ようなドライな感じの岩場とは別物です。1時間半ほどの岩遊びでしたがかなり足にきました。

2017年4月23日日曜日

鯛の料理いろいろ

 タイ茶漬け

60cmオーバーの真鯛2枚を月曜日から金曜日まで毎日食べ続けようやく食べつくすことができました。

刺身に始まり、塩焼き、アラ炊き、ムニエル、みそ焼き、鯛めし、タイ茶漬け、お吸い物、タイの子の炊いたんと手を変え品を変えいろいろと食べてみましたが子供の評判が良かったのがタイ茶漬け。

タイの切り身を醤油、みりん、すりごまで一晩漬け込み、翌日ごはんの上にのせワサビを少し加え出汁をかけると出来上がり。写真にはないですが海苔を散らすと風味うまみが加わり良かったとのこと。

鯛のみそ焼き

私としてはみそ焼きがよかったですが、しばらくは鯛は見たくないです(笑)。