2017年9月10日日曜日

赤岳-横岳-硫黄岳日帰り縦走

写真は2017年9月9日の赤岳山頂のワンショット

しばらくご無沙汰しておりました。今年6月以降身辺整理のため無線機器を売り払うのが忙しくブログの更新を滞っておりました。最近ひと段落し昨日久しぶりに山登りに行ってきました。

2017年9月8日(金)に半日有給休暇をとり、家内とともに13時半頃自宅を出発。京都縦貫道、京滋バイパス、名神、中央道と走り諏訪南ICで降りて18時過ぎ美濃戸口に到着しました。

八ヶ岳山荘の向かいにある宿泊のできるレストランで前泊しました。夕食、入浴をすまして22時ころに入眠しました。

 yatsugatake J&N この写真の中にワンちゃんもいます。
 
9月9日(土)は午前4時に起床。朝食をとり身支度をして4時45分頃yatsugatake J&Nを出発、美濃戸の赤岳山荘駐車場には5時ころ到着。5時15分に登山を開始しました。

 美濃戸(赤岳山荘)駐車場に駐車している我が家のN-ONE。
 
5時15分はまだ夜明け前ですがあたりはほんのりと明るくヘッドライトは使用せず歩き始めました。南沢の沢沿いの登山道に入ると薄暗いですが時間とともに明るくなっていきました。

 行者小屋

行者小屋には7時20分に到着。水分をしっかりととり約5分の休憩後そうそうに出発しました。

文三郎尾根から赤岳を目指します。文三郎尾根名物の階段をひたすら登って行き8時18分に阿弥陀岳からの稜線上にでました。ここで小休止。風があり肌寒いためウインドブレーカーを着て歩き出しました。
 赤岳山頂直下の鎖場

山頂直下の鎖場も大した渋滞もなく登っていき、8時50分に赤岳山頂に到着しました。山頂から東方向は雲が多く期待していた富士山を拝むことはできなかったものの西方向は雲も少なく青空が広がっていました。
 赤岳の山頂標識
 赤岳山頂から横岳、硫黄岳を望む

山頂、赤岳頂上小屋で軽く休憩し9時に展望荘へ下りはじめました。赤岳展望荘でさらにトイレ休憩(9時22分-9時32分)し横岳にむけ出発。
 地蔵の頭のお地蔵さん(くまもんのスカーフです)
 赤岳(二十三夜峰あたりから)
 
手足を使い鎖場、ハシゴを登ったり下ったりし横岳、奥ノ院を10時20分ごろに通過しました。多少高度感はあるものの足場もしっかりしており、楽しく歩けます。
 奥ノ院
 
奥ノ院の鎖場、ハシゴを降りたところで昼食休憩(10時40分-10時56分)としました。休憩後ここからは気持ちのいい稜線を下っていきます。
 
硫黄岳山荘を11時16分に通過し、居並ぶケルンを横目にみながら重い足を引きずり硫黄岳への登り返し。結構つらいです。硫黄岳には11時40分に着きました。
 
爆裂火口は迫力満点。
 硫黄岳の爆裂火口
 硫黄岳から阿弥陀岳、赤岳、横岳の眺め

硫黄岳では休憩せずそのまま赤岩の頭へ向け下山開始。赤岩の頭から振り返る硫黄岳はこの縦走路で最もお気に入りのスポットです。
 赤岩の頭から硫黄岳

赤岩の頭から下りだすとすぐに樹林帯に入ります。登山道の傍らには草花に混じってディズニーのアニメに出てきそうなキノコが生えています。
 テングタケ?

さらに下っていくと赤岳鉱泉に到着しました(12時50分)。ここでもトイレ休憩し13時5分に出発。
赤岳鉱泉から横岳を望む

赤岳鉱泉からは北沢の沢沿いに歩き、えん堤広場を13時50分に通過し14時20分に美濃戸(赤岳山荘)駐車場にたどり着きました。

ここから約5時間かけ京都の自宅へ帰りました。

天候に恵まれとても楽しい1日でした。富士山を見れなかったのが多少心残りでしたが、諏訪湖や北八ヶ岳の山々の眺めもとてもきれいでここしばらくのうっぷんが一挙に晴れた思いでした。



GPSデータ
沿面距離   17.081km
累積標高差  1615m
時間      9時間5分

2017年5月5日金曜日

金胎寺行場

金胎寺の行場
今日(2017年5月5日)京都府の南部、鷲峰山(じゅうぶさん)にある金胎寺の行場に行ってきました。

自宅を9:30に出発、京都縦貫道、京滋バイパス、第二京阪、先日開通(2017年4月30日)した新名神、京奈和道と通って田辺西ICでおり、国道307号、府道62号と走り10:35に金胎寺入口に到着しました。

身支度をして10:45ごろ出発。金胎寺の寺務所までゆっくりと歩き、寺務所で300円を奉納し、10:55ころ行場へと向かいました。
 
寺務所から迎え行者までは尾根筋を歩きます。傾斜もゆるく道幅もしっかりとした山道です。このあたりは全くの余裕。
寺務所から行場への山道
 
迎へ行者からやや傾斜が急になり行者の辻へと向かいます。それでもまだ余裕のハイキングコース。

迎へ行者
 
迎へ行者からさらに尾根筋を行くと行者の辻に着きました。現在11:08分。ここで道が2つに分かれます。行場は一方通行となっており一方は東覗方面へ下る道、もう一方は蟻の戸渡りから登ってくる道。
行場の辻

行場の辻からが本格的な行場の始まりです。斜度がさらに急になった山道をフォールラインに沿って下っていくと東覗の看板が現れます。ここからは右方向へトラバース。西覗で今度は左へトラバースとなります。
東覗(今回は余裕がなく覗けなかった)

西覗を過ぎ鎖、ロープ場を下ってしばらく行くと胎内潜の看板が現れます。しばし登ります。
胎内潜への登り
胎内潜を潜りおえた奥様

胎内潜を過ぎると手水の滝、五光の滝が迎えてくれます。これらの滝を通過するところがこのルートの最低標高点。
手水の滝
五光の滝
 
護摩壇からはひたすら岩登りです。常緑広葉樹が葉っぱを落とす時期で落ち葉が多く結構滑ります。要注意。
護摩壇
 
護摩壇からしばらく登ると一枚岩の鐘掛が現れます。垂直に近い登りで鎖があり迂回路もありますがそのまま登ります。
鐘掛
小鐘掛
 
鐘掛からさらに登ると小鐘掛の看板がありますがこのあたりが一番高度感もあり緊張感も高ったです。
平等岩

かつては平等岩も直登用のクサリがあったようですが今では撤去されていて迂回路を登ります。
最後の登り

最後の登りを上がって行場の辻に戻ったのが12:20でした。ここで年配のカップルが休憩しておられました。ここまで2時間以上かかったとか。
無料休憩所
 
寺務所へ戻り無料休憩所へ入ります。カップラーメンが200円で売られていましたが、今回は買わず「日本茶800年の歴史散歩」というパンフレットを頂戴して金胎寺を後にしました。
 
行場を楽しみに出かけたのですが、当初は侮っていたのですが実際に歩き出すとかなり手ごわかったです。高度感はさほどないものの岩登りの難易度はそこそこで西穂高岳よりむつかしく感じました。
 
岩場では落ち葉や土などがあり滑りやすく、日本アルプスの岩場ようなドライな感じの岩場とは別物です。1時間半ほどの岩遊びでしたがかなり足にきました。

2017年4月23日日曜日

鯛の料理いろいろ

 タイ茶漬け

60cmオーバーの真鯛2枚を月曜日から金曜日まで毎日食べ続けようやく食べつくすことができました。

刺身に始まり、塩焼き、アラ炊き、ムニエル、みそ焼き、鯛めし、タイ茶漬け、お吸い物、タイの子の炊いたんと手を変え品を変えいろいろと食べてみましたが子供の評判が良かったのがタイ茶漬け。

タイの切り身を醤油、みりん、すりごまで一晩漬け込み、翌日ごはんの上にのせワサビを少し加え出汁をかけると出来上がり。写真にはないですが海苔を散らすと風味うまみが加わり良かったとのこと。

鯛のみそ焼き

私としてはみそ焼きがよかったですが、しばらくは鯛は見たくないです(笑)。

2017年4月22日土曜日

カタクリの花(2017年4月22日小塩山)

京都西山(小塩山)炭の谷カタクリの花

今年もまたカタクリの花を見に行ってきました。

いつもの年は自宅周辺の桜が散る頃が小塩山のカタクリが満開のタイミングなのですが、自宅周辺はすでに葉桜。ちょっと遅いかなぁと思いながらも山に登ってみるとカタクリの花を見ることができました。

炭の谷のカタクリの一部はすでに実が大きくなっているものもあり、ピークは過ぎていた感はありましたがまだまだ花はあちこちに咲いていて十分に楽しむことが出来ました。

2017年4月17日月曜日

経ヶ岬通信所とタイ釣り

写真は間人沖からみた経ヶ岬通信所
岳山(経ヶ岬)山頂に米軍、自衛隊のレーダー施設が並ぶ

北朝鮮の度重なるミサイル発射、核実験を受けて米国が北太平洋艦隊を朝鮮半島周辺海域へ派遣し、また北の将軍様のさらなる過激な発言も加わって朝鮮半島のみならず日本も弾道ミサイル被害を受ける可能性ができました。

このミサイル攻撃に対して昨年米国はミサイルを撃ち落とす戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国への配備を表明し、今年3月にはミサイルそのものもすでに韓国に到着したのだとか。

THAADの運用に際しては弾道ミサイルを捕捉するためのレーダーが必要で、そのレーダーはXバンドフェーズドアレイレーダーと言われ高速、高高度の対象をとらえるために非常に強力な探査能力があるそうです。

この強力なレーダーを韓国に配備され、ふところを探られるの嫌った中国、ロシアが韓国、米国を激しく非難しています。特に中国は韓国への嫌がらせをエスカレートさせ、それに関したニュースも皆さんもよく耳にしたことかと。

日本にはTHAADそのものは配備されていないものの米軍のXバンドレーダーが2か所に設置されていて一つは青森県、もう一つが京都の丹後半島経ヶ岬にあるんですね。

今回丹後半島の間人(たいざ)まで出かける予定があったので今話題の経ヶ岬通信所(Xバンドレーダー)を写真におさめてきました。


閑話休題


2017年4月16日船釣りに出かけてきました。下の写真は間人漁港から朝出港する際に撮影したもの。職場の同僚からお声をかけていただき、二人ともに知人の漁師さんの船に乗せていただきました。
間人漁港から出港
 
出港して1時間もたたないところで船長さんがヒット。水深90mから約15分かけて釣り上げたのは70cmをこえる大鯛でした。さらにその後には70-80cmはあろうかという立派なスズキも獲得。
70cmオーバーの真鯛、翌日のセリに出すのだとか

同僚にもその後いくつかあたりがあり、ホウボウ4匹、チダイ1枚、真鯛1枚を上げたのですが、私の竿には朝から午後3時まであたりは3度だけ。いずれも食いが浅く乗ってきません。

背水の陣で最後のスポットへ移動。船長さんの判断で少し深めを探ることに…これがぴたりとはまり最後30分ほどで私の竿にもあたりがあり真鯛が続けて2枚上がりました。

朝8時の出港から8時間が過ぎそろそろ潮時と4時過ぎに撤収、港へ4時半に帰港しました。
昨日の釣果
60cmオーバーの真鯛が2枚
(実はこのうち1枚は35cm程度だったんですが、船長さんが大きいのを持って帰れと)
GPSの軌跡 いずれの真鯛も水深100m前後で釣れました。
 
※間人沖で釣りをしていた2017年4月16日に北朝鮮は新たにミサイル1発を発射したものの失敗に終わったとの報道がありました。また北朝鮮は3月6日のミサイル発射の際には在日米軍基地の攻撃を担う部隊が参加したなどと発表しており、経ヶ岬レーダー施設も北朝鮮のミサイルの的となっている可能性も否定できません。ニュースを聞いて嫌な汗をかきました。

2017年4月2日日曜日

志賀高原春スキー

 志賀高原タンネの森

2017年3月29日(水)の午後から有給休暇をいただき春スキーに出かけてきました。3月29日は午後0時半に京都を出発、名神、中央道、長野道、上信越道と走り夕方18時過ぎに志賀高原のホテルに到着しました。

ホテルの方いわく前日の3月28日までは冬型でかなりの積雪があったとか、3月29日はとても3月下旬とは思えないような雪質だったそうです。翌日からのスキーが楽しみです。

3月30日は朝から晴天で滑り始めこそ少し硬いバーンでしたがその後気温も上がりかなりいいコンディションとなりました。関西のスキー場の1月下旬から2月上旬の状態で標高1900m以上では雪を踏むと「キュッキュッ」と鳴るような粉雪でした。

 タンネの森のリフトを降りたところから
 寺子屋から東館山その奥に妙高山
 高天原から妙高山
焼額山から一ノ瀬、高天原、横手山

2017年3月7日火曜日

北米中波受信Log(2017年2月26日)

先ほどのブログに引き続き2月26日分のログをアップします。
常連局ばかりですが長時間にわたり西海岸が聞こえていました。

2017年2月26日(日)の受信ログ
18:00
 1510 KGA(Spokane, WA) EN 22332 ID?
19:00
 850 Un-ID -- 23332 Mx
 1300 KKOL(Seattle, WA) EN 22332 ID
 1320 Un-ID -- 22332 Mx
 1470 Un-ID -- 23332 Mx
 1600 KVRI(Blaine,WA) EN 34333 ID
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 23332 ID in ES
20:00
 940  KFIG(Fresno,CA) EN 22332 ID
 980 Un-ID EN 23332
 1090 XEPRS (Rosarito, BCN) EN 22332 ID in ES
 1300 KKOL(Seattle, WA) EN 33333 ID
 1640 KDIA(Vallejo, CA) EN 24433 ID
 1670 Un-ID ES 24332
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 23332 ID in ES
21:00
 1300 KKOL(Seattle, WA) EN 23332 ID
 1500 KHKA (Honolulu, HI) EN 22332 "NBC Sports Radio"
 1540 KREA (Honolulu, HI) KO 23332 "Radio Seoul"
22:00
 1300 KKOL(Seattle, WA) EN 22332 ID
23:00
 780 KNOM (Nome, AK) EN 23332 ID
 850 Un-ID -- 23332 Mx
PERSEUS + ALA1530LNP

北米中波受信Log(2017年2月25日)

夕方と遅い時間に入感していました。
特に23時は1300kHzから上でかなりのチャンネルできていて久しぶりにCJVBのIDも取れました。
お空はそろそろ春のよそおいです。

2017年2月25日(土)の受信ログ
18:00
 1100 Un-ID 22332
 1500 KHKA(Honolulu, HI) EN 22332 "NBC Sports Radio"
 1600 KVRI(Blaine,WA) EN 34333 ID
19:00
 680 Un-ID EN 22332
 1540 Un-ID KO 22332
20:00、21:00、22:00
 特に入感なし
 23:00
 1300 KKOL(Seattle, WA) EN 22332 ID
 1380 KUIK? EN 22332 ID?
 1470 CJVB (Vancouver, BC) EN 22332 ID
 1520 Un-ID EN 22332
 1550 KKOV(Vancouver,WA) EN 32332 ID
 1640 KDIA(Vallejo, CA) EN 24333 ID
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 33333 NA,ID in ES
PERSEUS + ALA1530LNP

2017年3月5日日曜日

北米中波受信Log(2017年2月24日)

今日(2017年3月5日)午前に関西OAMに参加すべく小塩山に登った帰り、下りは久しぶりに走ってみました。天気もよく足元も滑ることなく快適に走れたのですが、途中でまた頭痛!がでました。

どうも頚部に振動が加わるのよくないようです。その後も今まで頭痛が続いています。久しぶりに鎮痛剤を飲み多少痛みが和らいだ状態でブログを書いています。

2017年2月24日はいろいろな周波数でかなり強いキャリアは来ているものの確認できたのは極わずかでした。

2017年2月24日(金)の受信ログ
18:00
 1500 KHKA (Honolulu, HI) EN 23332 "NBC Sports Radio"
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 25332 ID in ES
19:00
 850 Un-ID RU 33333
 1540 Un-ID KO 22332
20:00
 850 Un-ID RU 23332 Mx
 1500 KHKA (Honolulu, HI) EN 22332 "NBC Sports Radio"
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 25332 "ESPN Radio"
21:00
 1290 Un-ID EN 22332
 1300 Un-ID EN 22332
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 25332 "ESPN Radio" 
22:00、23:00
 特に入感なし
PERSEUS + ALA1530LNP

2017年第三回関西OAM


2017年第三回関西OAMに参加してきました。

自宅を8時半に出発、北春日町から山道にとりつき小塩山(京都市西京区)山頂に10時前に到着。

まず合法CB3chをきいてみると皆さんの交信が聞こえてきました。合法CBはいつものICB-87Rなので問題なし。今回のOPはナゴヤCL84/3局。タイミングを見計らってチェックインに成功。

続いて特小RPT経由でチェエクインを試みます。特小での関西OAM参加は初めてですがDJ-P221Lで最近イ52イ52さまからお教えいただいた設定にてオオサカNP436局とM5/M5で交信ができました。

DJ-P24Lも持っていったのですが耳は確かにP24がいいとは感じるもののP221も十分に使えるとの感触がえられました。

2017/3/5(日) 
移動地:小塩山(京都市西京区;標高642m) キョウトAL330

CB無線交信 ICB-87R
ナゴヤCL84/3局 Y58/M55

六甲山特定小電力レピーター経由交信 DJ-P221L
オオサカNP436 M5/M5

2017年3月4日土曜日

北米中波受信Log(2017年2月23日)

しばらく更新を滞っていました。PERSEUSを聞くと頭痛がひどくなるため休んでいました。

最近になり頭痛の原因がなんとなくわかってきました。どうやら頸に原因があるようです。猫背になって顎を突き出すよな姿勢がダメなようです。顎を引いて背筋を伸ばして聞いている分にはそれほど頭痛は気になりません。

どうして頸を痛めたのかははっきりとはしませんが、私が寝ているときに家内が時々頸をひねっていびきをしずめているのだとか。それでむち打ちのような状態になったのかも。

家内はこの説を否定していますが・・・

2月23日は長い時間にわたっていろいろな周波数で来ていましたが確認をとれたのは常連局のみで一部にお初がありましたがかなり怪しいので?付きとしています。

2017年2月23日(木)の受信ログ
18:00
 お隣のインバーターノイズでダメでした
19:00
 850 Un-ID -- 23332 Mx
 1640 KDIA(Vallejo, CA) EN 24332 ID
 1670 Un-ID ES 24332
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 23332 ID
 20:00
 1600 KVRI (Blaine, WA) EN ID
 21:00
 1120 KPNW? EN 22332 ID?
 1360 Un-ID EN 22332
 1640 KDIA(Vallejo, CA) EN 22332 ID
 1640 Un-ID ES 23332
 1660 Un-ID ₋₋ 24332 Mx
 1670 Un-ID ES 33333
 1670 Un-ID ES 22332
 22:00
 1500 Un-ID EN 22332
 1540 Un-ID KO 22332
 1700 Un-ID EN 23332
 23:00
 780 Un-ID EN 22332
 1380 Un-ID EN 22332
 1510 KGA? EN 22332 ID?
 1540 Un-ID KO 22332
 1640 KDIA(Vallejo, CA) EN 34333 ID
 1670 Un-ID -- 24332 Mx
 1700 XEPE (Tecate, BCN) EN 33333 ID
PERSEUS + ALA1530LNP

2017年2月26日日曜日

北米中波受信Log(2017年2月21日、22日)

頭痛がすっきりせず、またPERSEUSの再生音を聞いていると余計にひどくなることからしばらくご無沙汰していました。その一方で記録はどんどん増えていくので何とかしなくてはと今日は2月21日、2月22日分をアップします。

お空の状態は少しはよくなってきていると感じはするものの確認できる局は限られています。

2017年2月21日(火)の受信ログ
18:00
 特に入感なし
19:00
 680 Un-ID EN 22332
20:00、21:00
 特に入感なし
22:00
 780 Un-ID EN 22332
23:00
 780 Un-ID EN 22332
 1300 KKOL(Seattle, WA) EN 22332 ID?
 1670 Un-ID ES 24332 Mx
 1700 XEPE(Tecate,BC) EN 23332 ID in ES
PERSEUS + ALA1530LNP

2017年2月22日(水)の受信ログ
21:00
 850 UN-ID RU 22332
22:00、23:00
 特に入感なし
PERSEUS + ALA1530LNP

DJ-P221フリラ用設定

以前のブログでDJ-P221でリピーター経由の通話時に相手方の音声が途切れ途切れになり極端に了解度が悪くなると書きました。イ52イ52さまよりP221のフリラ用の設定についてお教えいただき昨日ようやくチェックすることができました。

小塩山の中腹から私P221、家内P24でレピーター経由で交信しました。まず音羽山RPT経由で交信。多少音割れが出ながらも了解可能。途中で他局の混信がありご迷惑をおかけしたのかとすぐに交信を切り上げ次いで比良山RPTへアクセス。多少タイムラグがあったもののこれまた音声が途切れることなく了解できました。

P24と比較するとスケルチをOFFにできないことや交信の際の安定感といった意味では多少劣る感じが否めませんが、電池1本で運用でき軽くてコンパクト、また操作性もP221のほうがいいので今後も手放さずに使っていこうと思います。

最後にイ52イ52さまにお教えいただいたDJ-P221Lの16.…バージョンのフリラ用の設定をまとめます。
①バージョンの確認
キーロックを長押しでロックをかける。その後キーロックボタンを3回押すと6桁のバージョン番号が表示されます。今回は16で始まるバージョンについての設定です。
②フリラ用設定
キーロックボタンを押しながらSETボタンを押す。
セットモードになり設定項目が表示されます。以下のように設定してきます。

1)中継器接続手順をAt-on1へ変更
 2)tnを5
 3)SqLを1
4)EvolをH
以上の設定が済めばPTTを押せば完了。